[Å] 試作1年。ふわっじゅわ食感を徹底追究したチーズケーキ「ユキノトペル」

どるちぇ ど さんちょ「ユキノトペル」

北海道の雪をイメージしたユキノトペル。

総試作期間は1年。実はこちらのケーキ、先日開催された「2015ブロガーズフェスティバル」でユキノトペルを販売している「どるちぇ ど さんちょ」様から頂きました。

正直このケーキを現地で食べるまで存在すら知らなかったのですが、皆さんはどうでしょうか。

ケーキの質はもちろん、ユキノトペルの誕生までのお話がとても素敵だったのでご紹介したいと思います。

どるちぇ ど さんちょ「ユキノトペル」

どるちぇ ど さんちょさんは北海道・札幌 丸山のチーズケーキ専門店で楽天市場で現在チーズケーキを販売されています。

北海道・札幌 丸山のチーズケーキ専門店「どるちぇ ど さんちょ」

数種類扱っているチーズケーキの中でも今回ご紹介する「ユキノトペル」はこちらのお店No.1人気の評判の高いケーキです。(1ホール 1,512円 税込)

ユキノトペル誕生まで約1年。商品誕生までいかに苦労したのか、いかにこだわって作っているのか。様々なことがユキノトペル販売ページに綴られていました。

総試作期間1年「ユキノトペル」

北海道をイメージしたチーズケーキを作りたい!やるからには今まで見たこと・食べたことないものを作りたいという思いで生まれたのが「ユキノトペル」。

北海道にとことんこだわる姿勢

北海道産の乳製品の素材の味を提供するため材料は必要最低限に。

北海道の雪をイメージしたベイクドチーズケーキに仕上げるために焼き色がつかないように何度も焼き方を試行錯誤。

色の付く素材も使用しない徹底ぷりです。

ベストな状態まで繰り返す作業

チーズ生地にメレンゲを混ぜて泡立てるそうですが、卵白の微妙な泡立ちの違いで食感は全然異なります。

卵白の温度や砂糖の量を調整するなどしてイメージ通りのふわっじゅわ食感に辿り着いたのは半年後。

雪のように口だけの良いミルキーなケーキという思いを込めて販売されています。

こだわりのユキノトペル

特別の配合で湯煎焼きしたスフレチーズケーキをスライスして底に敷き込み、メインのユキノトペル生地をたっぷり流して蒸気が出る特殊な窯で低温でじっくりしっとり焼き上げ。

焼き上がったら窯から出してすぐ-40度の急速冷凍。窯から出した出来立てのおいしさを閉じ込め冷凍されています。

冷凍したケーキの上に北海道産の濃厚な生クリームとレモンカードを合わせて泡立てた、さわやかな生クリームが塗られています。

ユキノトペルを食べた感想

ユキノトペル断面写真

ユキノトペルの特徴はなんと言っても食感。

チーズ生地にメレンゲを混ぜて泡立てたトペル生地とスフレチーズの2層でふわっじゅわの食感を楽しめます。

ケーキ全体はさっぱりと味わえるようにとレモンクリームが使われています。

チーズケーキはチーズケーキなのですが、今までにあまり口にしたことのない食感が印象的です。チーズのもったりお腹にたまる感じもレモンによって軽減され、スッキリ美味しく食べることができました。

北海道の雪のような白いクリーム
ユキノトペル レモンクリーム

もっと近くによってみるとさらさらふわふわが伝わるかなと思い撮影してみました。
ユキノトペル レモンクリーム アップ

実際本当にさらさらふわふわっとしていました。

ごちそうさまでした!

ユキノトペル 断面写真 1カット

こだわりにこだわりを重ねて誕生したユキノトペル。

販売サイトを読みいかに手間をかけて作られているのかがわかりました。あの新食感は一筋縄ではいかなかったということですね。

下から上までチーズが使われているにも関わらず強い癖がなく食べやすく最後まで美味しくいただけました。

インターネットでケーキを買うという経験がある方は少ないと思いますが、もしご興味のある方は食べてみてください。とても美味しかったです。

ご馳走様でした!

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X(するぷろ X)」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼