[Å] 釣りをしながら海の中が見える「うみなかみるぞう君」と「釣るとこみるぞう君」が超気になる

うみなかみるぞう君と釣るとこみるぞう君
水中カメラ「うみなかみるぞう君」の使用方法 より)

釣り好きの皆さんこんにちは。

1度や2度、釣りをしている海の中の様子を見てみたいと思ったことはあるのではないでしょうか?

私も実際海の中を覗いてみたいという好奇心からこちらの商品に辿り着きました。世の中には面白い商品が既に存在しているのですね。

興味深かったので少し調べてみました。参考までに。

海の中を見てみたいという好奇心

釣りが昔から好きな私。昨年ぐらいから釣りを再開したところやっぱり楽しく週末に最近よく出かけています。

そこで釣りをしている時にふと思ったことがありました。

海の中を見れたら新たな発見ができて楽しそう!

そんなことをTwitterで呟いたところフォロワーさんより非常に興味深い情報をご提供いただいたので調べてみました。

うみなかみるぞう君

海の中を見るための水中カメラ「うみなかみるぞう君」

公式サイトの画像を以下お借りしています。スイッチを入れるとすぐに海の中の様子がモニターに表示されるという優れもの。

うみなかみるぞう君

アルカリ単三電池4本をセットして竿を伸ばしてスイッチを入れカメラを水中に沈める。たったこれだけの操作で簡単に水中の中を見られるようです。

アルカリ単三電池4本で1.5時間駆動。オプションで自動車用・電動リール用バッテリー(12V電源)を使うこと可能。

録画機能やライト機能は「うみなかみるぞう君」には付いていませんが、小型録画機や防水懐中ライトを使用すると利用できると書かれていました。

私のように興味本位で海の中の地形がどうなっているのか、どのような魚が泳いでいるのか知りたいだけであればこの「うみなかみるぞう君」が良さそうです。

★YouTubeに公開中のうみなかみるぞう君参考動画

釣るとこみるぞう君

釣りをしながら海の中を見ることができる水中カメラ「釣るとこみるぞう君」

先ほどの「うみなかみるぞう君」と異なる点はより扱いやすく、釣りをしながら海の中を見ることのできるものとなっています。

釣るとこみるぞう君

仕掛けの上にカメラを設置するためエサを捕食する瞬間が見られ、遠赤外線ライト搭載で夜釣りでも使用できます。

充電式で約7時間の使用が可能。ズーム機能搭載。最大約40kgまで耐えられる丈夫なコードなど、うみなかみるぞう君の上位版と言いたくなるほど質の高いものに仕上がっています。

★YouTubeに公開中のうみなかみるぞう君参考動画

お値段やお試し情報

水中カメラということだけあって1台のお値段が決して安くないのが悩ましいところ。

・うみなかみるぞう君
1台約40,000円。小型録画機約8,900円、防水懐中ライト10,000円と合わせると約58,900円。

・釣るとこみるぞう君
竿付き・コード長25m・録画機能なしのタイプ
1台89,000円 → 49,800円

竿付き・コード長25m・録画機能付き
1台99,000円 → 59,800円

興味本位で見たいだけではちょっとお高い水中カメラ。

公式サイトをもう少し詳しく見てみるとレンタルを開始しました!の文字が…。

レンタル価格について

■ 10日間レンタル みるぞう君30m(竿付き)+外部録画機 セット 7,000円(録画なし5,000円)

水中カメラ「うみなかみるぞう君」レンタル

■ 10日間レンタル 録画機能付きライン 25mBig Catch愛称「釣るとこみるぞう君」 6,000円

水中カメラ「うみなかみるぞう君」シリーズBigCatchのレンタル

※ 釣るとこみるぞう君の録画なしラインのレンタルは見当たりませんでした。

さいごに

購入価格よりもはるかにお手頃な価格に落ち着いているレンタル。

購入するほどではないという方や映り方の確認がしたい方はレンタルという方法も検討するのもありだと思います。

今回こうして調べてみたらますます普段自分が釣りをしている海の中を見たくなりました。要検討に入りたいと思います。ではでは。

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X(するぷろ X)」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

うみなかみるぞう君と釣るとこみるぞう君
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼