[Å] 年末の沼津港!混雑するも市場の楽しさ倍増・臨時駐車場も開放

年末の沼津港 営業情報・混雑状況・臨時駐車場場所

12月30日。沼津港に行ってきたお話。

通常よりも何十倍もの人がいた沼津港の市場。駐車場も有料・無料共に並んでいる車が多く、人も道路に溢れまさに「カオス」という言葉がぴったりな状況。

沼津港奥に臨時駐車場(無料)が開放されていたのでこの日はそこを利用。奥にあるため存在することを知らない人も多いのか並ぶことなくすんなり入ることができました。

沼津港の臨時駐車場

沼津港 臨時駐車場場所

海を塀なく間近で見られる沼津港。青空と海のコラボが気持ち良く海好きとしてはこの景色を見られただけで来た価値があります。

ちなみに臨時駐車場の開放場所は普段関係者しか入れない沼津港の奥。

■ 座標(Googleマップに貼り付けで表示化)

→ 35.08014166666667,138.8540333333333

沼津港の市場

年末の沼津港、こんなに混雑しているのかと本当に驚きました。いつもなら車で余裕で通れる通路も人で溢れていました。

年末 沼津港の様子

年末 沼津港の様子

人が多いと言っても販売されているものは簡単に見ることができます。お正月にぴったりの魚や料理の安売りもあり。

沼津港 鯛の販売

沼津港 タコの販売

沼津港 お正月料理の販売

例え買わなくても見るだけでもかなり楽しい市場。年末の活気を肌で感じることができます。普段あまり見かけない魚介のサイズや種類がこの日は多く並んでいました。

沼津港の市場

沼津港の市場

沼津港の市場

飲食店の混雑具合に衝撃!

飲食店の混雑具合

お昼頃に沼津港に行く人は要注意。どこの飲食店も大行列を作っているのでお店を選ぶのが大変です。

美味しいお店を知っていたとしても利用するために並ぶ覚悟が必要間違いなし。運良くこの日は「とらてん」という大衆食堂系な雰囲気のあるお店に入ることができました。

とらてんの様子

結局入った直後は外に行列を作り本当にタイミングが良かったです。沼津港には深海魚水族館があるだけに深海魚のメニューも豊富です。

メヒカリの唐揚げはお昼の早い段階で完売で食べられず・・・ユメカサゴの唐揚げは食べられました。

とらてんのユメカサゴの唐揚げ

その他にもブリカマや地魚のてんぷら、どんぶりをいただきました。中でもブリカマのトロッとした柔らかさと香ばしさは最大級に絶品。今まで多くのブリカマを食べていますが、このお店のブリカマは美味しすぎました。

とらてんのブリカマ

とらてんの地魚定食

とらてんの海鮮丼

事前情報はなく見かけ次第入ったお店ではありましたが、威勢の良い声が飛び交う雰囲気の中で食べる地魚料理は大変満足のいく料理を食べられ大満足。利用して大正解でした。

深海魚水族館の混雑具合やばい・・・

深海魚水族館

過去に1度利用したことのある深海魚水族館。シーラカンスの剥製がいることで有名な水族館でもあります。

いつもならサクッと入れる水族館ですが、年末の混み具合は尋常ではありませんでした。入り口からズラッと列を作り施設の裏側まで行列ができていました。

深海魚水族館の行列

年末に便乗して沼津港に初めて来た人がせっかくだから行こうー!という人が多くを占めているかはわかりませんが普段はこんなに混んでいないのでまた来れる人であれば敢えてこの日に行かなくてもいいかなと。

水族館自体は他の水族では見られない生物を見られたりと楽しかった記憶があります。何年も前の話ですが…。

沼津港から車で30分移動した先の観光地

沼津港から車で30分ほど移動したところに伊豆・三津のシーパラダイスやあわしまマリンパークがあります。

あわしまマリンパークから撮影した様子

この日はあわしまマリンパークで島探検や水族館、日本一のカエル博物館に行ってきました。詳しくは別途記事にて。

沼津港だけでなく他の観光地も楽しい場所なのでぜひ周辺観光地もチェックしてみてください。

三保の松原や柿田川公園、御用邸記念館、千本原などその他の観光地も豊富なので初めての沼津観光の人は沼津港以外にも見所があり面白いでようチェックです。(柿田川には物凄く綺麗な水を見られることで有名な観光地です)参考までに。

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼