[Å] 挑戦者はいるか?田町駅「芝の鳥一代」でギネス認定の悪魔に遭遇!

2013.3.15。今思い出しただけでも悪夢が蘇る。踏み入れてはいけない場所。駅から数十分で着く鳥一代。あの衝撃は一緒にいたメンバー5人の心に刻まれたであろう。そしてこれからもきっとあの衝撃は語り継がれ…。

第一関門

田町駅に初上陸。駅がでかい。道を間違え30分近く歩き回っていた時から始まっていたのかもしれない。出口を間違えた。東ではない。西に行くことをオススメする。惑われないようにしてください。

お店の詳細情報:芝の鳥一代 – 田町/鳥料理 [食べログ]

芝の鳥一代

私の後に駅に着いた人が先に着いて待っているというよくありがちなパターンで始まる。

参鶏湯が有名なお店。芝の鳥一代。

こちらのお店は三号店なのですが、同じ駅にある鳥一代は予約する時点で満席。鳥一代の中でも1番ゆったりと過ごせるとお店の方に誘導され三号店を予約しました。

テレビにも撮りあげられたことがあるお店。

福岡から東京に来ていたれいっち(@reynotch)をブロガー&開発者で囲む会。

お通し

これが個人的にかなりのヒットで鳥とダイコン美味しかった。

鳥刺五点盛り

そこから数分いや、お腹がぺこぺこで数時間に感じていた諸事情があるのですのが結構の間料理が来なかった。

食べログの評価が三号店は低めに出ているのはこの問題かと1人で思いながらもトークを楽しむ。

そして出てきた。

広島トリカツ

これでもかというぐらいの山盛り。

焼き鳥の盛り合わせ

鶏皮のカリカリ揚げ

とにかく鶏のお店。トリトリトリ。

そして運命のご対面…

見た目は普通。さっき食べた鶏皮と同じ。

悪魔の鶏皮カリカリ揚げ

悪魔のつくね

しかし見た目に騙されてはいけません。

一口で1億のダメージを受けた。

ブログで飯を食うで有名なあのわんぱく氏でさえ…

この表情。

数秒後…

水!!!!!

とにかく死に匹敵するレベルでの辛さ。舌が完全におかしくなった。その場にいた全員(@reynotch@thikasa@mu_ne3@kuracyan@singo405)がやられた。

可愛い顔して…

ブット・ジョロキア from.バングラデシュ

危険を察知した6人は満場一致で同時に頼んだ「悪魔の唐揚げ(ロシアンルーレット)」を取り下げる。

頼んだものを取りやめるなんて人生初の経験。辛さを通り越して痛みの残る衝撃的な食べ物。まさに悪魔。

刺激は続くよどこまでも…

とろとろ卵めちゃマイルド。

出し巻き卵の味がわからない。

看板メニュー参鶏湯(サムゲタン)。


丁寧にお店の方に作っていただき美味しくいただきました。鶏がほろほろ。箸でほぐれる柔らかさ。

〆の麺を投入。

これまた美味しい。鶏のエキスたっぷりのスープは絶妙。麺とよく合い〆にはぴったりの美味しさ。おすすめ。

金曜日の19時半入り(予約)で気づいたら閉店まで話し込んでました。最初は料理が中々出て来なく(混雑ピーク)ちょっと問題ありな気もしたけど、気づいたらお店の方とも最後仲良くなれるとてもフレンドリーなお店。

ゆったりと話すにはもってこいの場所でした。

チャレンジメニュー

こちらのお店にはギネス認定の「ブット・ジョロキア from.バングラデシュ」5辛完食で無料!というチャレンジメニューもあります。

お店の人いわく私たちが悶絶したカリカリ揚げは1辛らしいので、5辛は想像を絶するレベルなのは間違いないです。

辛いのは得意の方、ギネスに挑んでみては?勇者になれる人は現れるのだろうか…。可愛い顔して悪魔。小悪魔。

さいごに

辛いもの好きのみなさん。一度悪魔に会ってきてください。くれぐれも体を壊さないように。健闘を祈ります。

世界辛い唐辛子ブット・ジョロキア。自宅で挑戦してみたい方はぜひ。

さらに愛情込めて悪魔を育てることも可能です。

ぜひこの機会にお試しください。想像を遥かに超える悪魔に出会えることでしょう。以上、鳥一代潜入報告でした。これからもあかめ(@mk_mizuho)をよろしくお願いします。

Twitter公式アカウント

当ブログ、公式アカウントあかめも(@akamemoblog)を作成しました。ブログの更新情報だけが流れてくるアカウントです。ご興味がある方はフォローお願いします。

ブログ更新に使用したアプリ

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
価格: ¥450
*価格は掲載時当時

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

1363368561.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼