[Å] 神戸観光 南京町(中華街)出店が多く食べ歩きが楽しい場所!

神戸北野異人館めぐりの後に立ち寄ったのが南京町。訪れてみると目の前に広がるのは中国にありそうな屋台の数々。

正月三が日に訪れた南京町は活気で溢れ多くの人で賑わっていました。賑わいも含めて楽しく美味しい時間を過ごせます。

食べ歩きやグルメ好きな方におすすめの観光地です。南京町の様子を写真を添えてご紹介!

活気溢れる南京町

三宮駅から徒歩すぐの南京町。長安門から入りました。

ファミリーマートや自販機が早くも中国仕様。南京町に入る前から独特の雰囲気に浸れます。

1歩踏み入れるとそこはもう日本じゃないみたい!両サイド中華料理を楽しめる出店やお店の中で食べる飲食店がズラッと並んでます。

ほぼ地元横浜中華街は毎月のように利用していますが全くと言っていいほど中華街の雰囲気は違います。

とにかく食べ歩きグルメが豊富。中華街の規模だけで言えば圧倒的に横浜中華街の方が広いですが、食べ歩きグルメの量や雰囲気の良さは南京町に軍配があるように個人的には思いました。

入り口そばで初の神戸牛

神戸に来たら1度は口にしたかった神戸牛。お店で食べると1人前5,000円〜 など中々良い値段がしたので食べ歩きグルメで少量をいただきました。

1皿1,500円の極上赤身の神戸牛。旅ならではのグルメをいただきました。いうまでもなく絶品。熱々焼きたて神戸牛のとろける食感最高でした。

中華料理を食べ歩き

南京町の奥に足を進めていくとこのように様々な料理をその場で買って食べられる店が多く並んでいます。

北京ダック衝撃サイズ!具が多く入った北京ダックは正直食べにくく苦戦しましたが、やっぱり美味しい!!!

焼き小籠包もジューシー。中からはたっぷりの肉汁が溢れ溢れないように慎重にすすります。肉汁に浸った餡もしっかりと味がつき大満足グルメです。

地元民でない私はどのお店がおすすめとは分からず、雰囲気で良さげなお店を食べ歩き。中国旅行の雰囲気を思い出す楽しさもあり凄く良かったです。

神戸牛まん・汁なし担々麺・焼き小籠包

神戸牛肉まん・皇蘭豚まん・ジューシー豚まんの3種類を買って食べ比べ。

お肉の味を圧倒的に感じられる神戸牛肉まん美味しすぎ。口を休める間もなく即完食。値段が値段だけありますが味やジューシーさが良かったです。

屋台米粉で汁なし担々麺と水餃子を購入。

汁なし担々麺、これもまた大当たり。トウショウメンみたいな平たい白い麺(実際は米麺)にちょい辛の味噌が絡まり絶品。

あまりにも美味しくお土産にこちらのお店が販売しているインスタント麺を買ってしまいました。笑

大行列が気になって食べてみた。手作りの上海生煎饅頭、焼き小籠包。3個310円。

お店の前で詰めてから焼く。そんな場面を見たらせっかくの旅行ですし先に焼き小籠包食べたけど食べたくなります。

並んで手にした焼き小籠包。期待値が高まりすぎたこともありますが、入り口そばで最初に食べた焼き小籠包の方が肉汁溢れすぎで美味しいというオチ・・・。

美味しいは美味しいですが、肉汁大好きな私は最初の方が良かったかなという印象です。入り口の店名忘れてしまいました。(長安門入ってすぐ右手の出店)

南京町楽しい!!!

横浜中華街行ったことあっても神戸観光で絶対1度は訪れたい南京町。旅行で神戸を訪れる人はお腹をなるべく減らした状態で訪れるのがオススメです。

今回ご紹介したグルメ以上に気になるグルメが多くありました。両サイド出店でごった返した雰囲気も含め楽しい観光地でした。

神戸観光の際に合わせて読みたい記事ピックアップ

[Å] 神戸北野異人館めぐり 必ず見るべき3つのパワースポット含む2時間コース

[Å] 神戸北野異人館めぐり 必ず見るべき3つのパワースポット含む2時間コース

神戸観光といえば異人館めぐり」。限られた時間内で何から見たらいいの迷った人は参考にしてみてください。異人館めぐりを終えたあと、訪れて良かったと素直に思える楽しさがありました。 ...


[Å] 神戸北野異人館のスタバお洒落すぎ!神戸観光のおすすめスポット

[Å] 神戸北野異人館のスタバお洒落すぎ!神戸観光のおすすめスポット

神戸観光するなら見ておきたい神戸北野異人館のスターバックス。全国的に展開しているスターバックスですが、時に通常の外観とは比べものにならないほどお洒落なスターバックスがあります。...

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼