[Å] 相模湖花火大会 プレジャーフォレストなら入場無料・待ち時間なしで夜景と花火が楽しめる!

相模湖花火大会 2015 さがみ湖プレジャーフォレスト展望台より

2015年 相模湖花火大会に行ってきました。この花火大会に行くのは初めてでしたが、想像以上にさがみ湖プレジャーフォレストから見る花火が良かったです。

花火大会の日は入場無料。穴場なのか待ち時間なしで夜景と湖をセットで楽しめる打ち上げ花火は美しく楽しめました。

さがみ湖プレジャーフォレストを利用した時のお話と実際に撮った花火の写真をご紹介したいと思います。

さがみ湖プレジャーフォレスト 花火大会当日

相模湖花火大会当日。花火大会開始の2時間前だと近隣の駐車場は満車。車で来た人でどうしても花火を諦めきれないという人は「さがみ湖プレジャーフォレスト」の駐車場がおすすめです。

駐車場の利用料1,000円は取られるものの(これはどこの駐車場でも大体同じ)、この日は特別入場料は無料。

意外と知られていないのか駐車場もガラガラで並ぶことなくスムーズに入ることができました。
さがみ湖プレジャーフォレスト 入場無料

時間のある人はさがみ湖プレジャーフォレスト内も納涼イルミネーションもやっていたので合わせて見るのもありかもしれません。私は見てませんが。笑

さがみ湖プレジャーフォレスト 展望台

さがみ湖プレジャーフォレストから花火が見えるのは展望台です。歩いて展望台を目指しても良いですし、リフトを利用して上を目指すこともできます。
さがみ湖プレジャーフォレスト リフト乗り場
料金は大人1人往復400円。片道200円で乗ることができます。後で説明しますが片道を買うのがおすすめです。

上に行くと観覧車があったり、イルミネーションがあったりと意外と雰囲気も良かったです。
リフト頂上 空と観覧車

花火大会 会場のお話

展望台に来ると既に丘の上にシートを敷いて待機している人もいましたが開始30分過ぎに到着してもシートを敷くスペースがチラチラとありました。

丘の上には道がありそこは立ち見が許可され、その場所だと目の前を湖にして先頭もしくは2番目の列から余裕で見られます。前に遮るものがなく見やすいです。
プレジャーフォレスト 展望台からの眺め

展望台のエリアには小さな出店があり、飲み物やチキン、焼きそばや焼き団子、かき氷やチュロスなど色々と買うことができます。ぱっと見た感じトイレがなさそうなので気になる方は先に済ませておくのが良いとおもいます。

相模湖花火大会 Canon 70Dで撮影してみた!

使用したカメラはCanon EOS 70Dという私がよく旅先で使用しているカメラです。花火を撮る時は三脚があると良いと言われているので初めて三脚を使って花火を撮ってみました。

下の方にチラチラと光っているのが相模湖周辺の夜景です。肉眼であれば中央道の渋滞の様子もわかるほど。
さがみ湖プレジャーフォレスト 打ち上げ花火

さがみ湖プレジャーフォレスト 打ち上げ花火

展望台は上の方にあるため目線より下で花火が上がることもあり上から見下ろして見る少し斬新な楽しみ方ができます。

もちろん目線よりも上もしくは目線の高さに花火が上がることもあるので様々な角度から花火を楽しめるのがこの展望台の花火大会の特徴かなと思いました。
さがみ湖プレジャーフォレスト 打ち上げ花火

さがみ湖プレジャーフォレスト 打ち上げ花火

夜景と湖をセットで打ちあがる花火をのんびりと見たいという方には特におすすめの場所です。
夜景と湖とセットで楽しめる打ち上げ花火

最後の方、予想していないサイズの花火が上がり見切れてしまいましたがこちらはトリミングなしで撮った写真で非常に大きな花火で大迫力。
打ち上げ花火 フィナーレ

プレジャーフォレストの周りは山々に囲まれているので花火が上がるたびに胸に響き、見るだけではなく肌で感じられる花火となっています。迫力のある音や振動もぜひ一緒に楽しんでみてください。

少し注意点も…

花火は19時半から21時まで上がっていました。毎回の話なのかはわかりませんが、リフトが21時で終わるということでリフトに乗ることを優先するとフィナーレを見ることができません

初めて利用した私も往復券を買っていたのでフィナーレを優先して帰り分を無駄にしてしまいました。展望台から出口まで10分ほど歩くと下り切れたのでもし行く方はチケットの買い方もご注意ください。

さいごに

初めて見た相模湖の花火大会。夜景と湖をセットで見られる花火大会は今まで見たことがなかったので楽しく見ることができました。

また早めに行って三脚を立てておくということもいらず30分前ぐらい到着して十分三脚を立てられましたし、そんなに人も多くないので三脚が周りの人の邪魔にならずに済んだのも写真を撮る身としてかなり過ごしやすかったです。

花火に関して少しお話しすると、大きな花火が上がってから間があったりしたので連続して展開される花火をもう少し楽しみたかったかなというのが正直な感想です。

また相模湖花火の目玉の1つである約1kmに渡るナイアガラの滝もこの場所からは見ることができないので、本当にガッツリと楽しみたいという方には開始何時間も前から湖の近くで待機することをおすすめします。

あくまでも今回私がお話しするのは待ち時間なく気軽に花火を楽しみたい・写真を撮りたい人向けのお話です。

遅くに来たら駐車場がなくて花火を諦める…と思った人にもこの情報が役に立てば嬉しいです。おしまい。

★使用したカメラ(レンズ)と三脚のお話
Canon EOS 70Dとセットで購入した「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」のレンズを使用しました。

三脚は持ち運びに便利な軽量コンパクトなものを使用しています。コンパクトなのに伸ばすと最大4段階まで全高120cmまで伸ばすことのできるオススメの三脚です。

買った時は1,200円ぐらいだったのですが、一時廃盤して復活したと思ったらやや値上がりしてました。。(新しい三脚とAmazonに表記されていた三脚の方が安いという謎の状況です)

私が使用している三脚↓

新しいモデルの三脚↓

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X(するぷろ X)」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼