[Å] 日本三大パワースポット 奥能登最先端「聖域の岬」青の洞窟に行ってきた!

石川県観光 聖域の岬「青の洞窟」

日本三大パワースポットの1つと呼ばれている石川県の観光名所「聖域の岬」にある青い洞窟に行ってきました。

石川県奥能登最先端に位置する「聖域の岬」には青の洞窟だけでなく空中展望台スカイバードや全国から予約殺到の絶景温泉宿「ランプの宿」があります。

石川県奥能登「聖域の岬」

日本海を目の前にした聖域の岬。

石川県能登半島の最先端に位置する観光地で地上の気流と南からの海流、北からの海流が交わる世界的にも珍しい地形と言われています。

聖域の岬は日本三大パワースポットとして富士山、長野県「分杭峠」と並んで数えられている場所です。

聖域の岬の下に見える屋根が「ランプの宿」で日本海を一望しながら宿泊することができます。
聖域の岬「空中展望台」

またこちら奥に見える建物が空中展望台スカイバードと呼ばれている名所で海側に突き出している部分から海を眺めることができます。
聖域の岬

建物を上がると目の前に遮るものがなく日本海の波の激しさや自然の風を感じることができました。

聖域の岬の料金と青の洞窟

空中展望台スカイバードや青の洞窟に行くためには利用券を買う必要があります。

空中展望台のみ大人1名500円。空中展望台+青の洞窟のセット大人1500円です。
聖域の洞窟 入園料

チケットを購入すると洞窟に入るためのヘルメットをスタッフから手渡されます。ヘルメットを持っている人は関係者扱いになるため、本来関係者以外立ち入り禁止となっている場所に入ることができます。
保護帽着用必須

洞窟の入り口まではやや急な下り坂を5分ほど徒歩で下り向かいます。
洞窟入り口

トンネルに入って約1分。洞窟の中には海の水が流れ込み日の光と時間帯が良ければ青く輝く水を見ることが出来ます。(写真はホワイトバランスで調整)
聖域の岬「青の洞窟」

運が良くなければ見ることのできない青の洞窟。入る前に「今は青くない」という悲しい現実をスタッフから突きつけられるので青が見られないなら…と事前に足を運ばないことも可能です。

せっかく能登半島最先端まで金沢から向かったので私はそう言われてでも入り、カメラのホワイトバランス機能で青の洞窟をイメージして写真を撮りました。
聖域の岬「青の洞窟」

神秘的な1枚になったかな。

さいごに

金剛崎には約500万年かかって出来たと言われているパワーホールもいくつかあり、聖域の岬を回る観光ツアーもあるほど人気のパワースポットです。

金沢(具体的には更に南の能美)から車で約3時間(行く途中に連続テレビ小説「まれ」で有名な塩田や日本で唯一砂浜を車で走行できる「千里浜なぎさドライブウェイ」、「世界一長いベンチ」なども観光可能)かけて行きました。

決して気軽に行ける場所にあるわけでありませんが、ご興味のある方はぜひ行ってみてください。

能登エリアに宿泊して日を分けて行くというのも手だと思います。参考までに。

おしまい。

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

石川県観光 聖域の岬「青の洞窟」
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼