[Å] 梅雨や雨の日に活躍!折り畳み傘で鞄の中を濡らさない超吸収傘ケースSUSU

折り畳み傘専用ケース「SUSU」

雨が降って使用した折り畳み傘。傘を鞄の中に入れたら鞄の中が濡れてしまうし、かといって手で持っているのは邪魔。このように鞄に入れようか迷ったことはありませんか。

そんな悩みを解決してくれる折り畳み傘専用ケース「SUSU」を買ってみました。

濡れた折り畳み傘専用ケース SUSU

本日ご紹介するのはこちらの「SUSU」という傘ケースです。今回は折り畳み傘のケースですが、通常の大きい傘を入れるケースも販売しています。

柄やカラーはとてもたくさんあるので、リンク先やSUSUでの検索でご確認ください。

抗菌がプラスされた今回のSUSU。バイキンやニオイをしっかりと防ぐことができ、折り畳み傘を畳んだ時、全長24cm周囲の長さ17cmまで対応しています。

中はマイクロファイバーのモール糸を使用しているため、耐久水に優れ、水分を素早く吸収できるのが特徴的なSUSU。洗濯機での洗濯もできるので汚れた時の取り扱いも簡単です(箱裏参照)。

購入したSUSUのご紹介

今回はドット柄のSUSUをご紹介早速ご紹介したいと思います。
SUSU買ってみた

箱から出してみました。SUSUは中に入れられるだけでなく、外側のポケットも利用することができます。
SUSUの外観 ポケット付き

チャックを開けてみると、中はこんな感じにマイクロファイバーがあり、まるでモップのような印象です。
SUSUの中 マイクロファイバー

このマイクロファイバーで傘についた水滴を素早く吸収できるのがSUSUの良いところ。中はマイクロファイバー、外はビニールのような素材。ケースのチェックを閉めたら濡れた傘で鞄の中を濡らすこともなくなります。
マイクロファイバー

チャックを全て開けるとこのように広がります。
SUSUを広げた状態

折り畳み傘を感じに入れ、濡れた傘をしまうことが可能できるSUSU。
SUSUに折り畳み傘を入れた様子

SUSUをに折り畳み傘を入れた状態

濡れた傘どうしようかなと外出先で抱いていた悩みもこれさえあれば悩み解決。

私はいつも外出先で折り畳み傘のカバーに入れていたのですが、濡れた傘だと結構入れ辛いのが現実。本来の傘カバーよりもSUSUの方がふた周りぐらい大きくゆとりがあるので、使い易さも抜群です。

マイクロファイバーなのでより早く傘を乾かすこともでき、水滴を漏らすこともないのでお気に入り。

値段もネットで買うと1,000円ぐらいなのでよく折り畳み傘の出番があるという人は見てみてください。

さいごに

今年、人気の折り畳み傘専用ケースSUSU。中はマイクロファイバーですが、実は裏返して濡れた鞄を拭くという使い方もできる嬉しい面もあります。

濡れた傘のしまう場所に苦戦・悩んでいた方はチェックしてみてください。

これから雨が多くなる梅雨の季節に特に役立つグッズなのではないでしょうか。おしまい。

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X for iPhone」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼