[Å] 横浜中華街 食べ放題に行った時にチェックしたいお店や観光スポットまとめ

副都心線で川越と中華街が繋がり、中華街に興味を持っている方もいるのではないでしょうか?横浜に住んでいるので中華街は比較的良く行くのですが、初めての方だと中華街の広さ、複雑さに圧倒され何をどうしたら良いのかわからなくなることも。自由に歩くのも楽しい場所ですが、少しでも楽しんで貰えればと思い、横浜中華街を一部ご紹介。

横浜中華街

横浜中華街に来て、まずしたいことはやはり中華料理を食べること。果たしてどこで食べたら良いのだろうか?参考までに今までに行った中華街食べ放題をご紹介。

上記記事は中華街に食べに行く度に内容を更新しているものです。

最近追加した記事は雑誌やテレビで必ずと言っていいほど取り上げられる飲茶食べ放題のお店「招福門」に行った時のレビューです。

食べ放題以外のまとめ

中華街は食べ放題以外にも魅力的な所がたくさんあります。

例えば横浜大世界

入口はパンダです。

ここはちょっとしたテーマパークになっています。お土産が買えるのはもちろん、フードコートのようなちょっとした軽食が食べれたり、トリックアートがあります。私の人生初のトリックアート体験は横浜大世界でしたがかなり楽しいです。

横浜大世界の近くにあるQQ屋台屋

今でこそたくさんの出店がありますが、ここのお店はずっと前からあり、タピオカジュースを飲むと言えば私はここです。芸能人さんも利用しているみたいで写真も多く飾ってあります。

関帝廟

いわゆる神社です。中華街初だと一度は見ておきたい有名な建物です。

横浜博覧館

ここはつい最近で来た観光名所でお土産を買うことができます。

2Fにはベビースターランドがあり、

ベビースターを作っている様子を見ることが出来ます。

みなとみらいにあるカップラーメンミュージアムのように自分たちで作ることは出来ませんが、できたてを食べることができます。

中国茶を購入するならここ!悟空。

ティーパックや茶葉、中国茶ようのカップなどを買えます。

また別館では実際にお茶を楽しむこともできます。

店員さんが最初はお茶を入れてくれ、そのあと自分のペースでお茶を楽しめる雰囲気のよい落ち着いたお店です。

有名な華正樓。一度は見ておいても良いかも。

焼豚が美味しい!

焼豚だけを買うことも出来るので、焼豚をお土産に買いたい人はここオススメ。

ここも行列を作るほどのお店で、焼豚を買うことができます。

他にも中国雑貨を扱っているチャイハネ(複数店舗)やマライカ、ヨシモト水族館や韓流ショップ、パンダの雑貨や中華調味料などを扱っているお店など数々あります。

ここでは紹介しきれないのが残念です。

まとめ

最近の中華街は本当に見るところが増えたなと感じます。肉まんしか食べ歩きできるものがなかったのには今は多くの種類の食べ物が買えます。見るところも増えとても充実しています。その分、観光客も増えた感じはしてるけど。もし中華街に来る予定がある方は参考にしてください。

みなとみらいも遊び尽くしているので、今度はそっちの方のまとめ書こうかな。

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

1367883663.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼