[Å] AssistiveTouchの新機能「カスタマイズ」を使ってiPhoneでスクショを簡単に撮る方法

AssistiveTouch の新機能「カスタマイズ」を使ってスクショを簡単に撮る方法

ホームボタンが故障した時の代替えツールとしてよく耳にするようになったiOS標準搭載「AssistiveTouch」。

iOS9から「AssistiveTouch」をより使い易くするためカスタマイズが可能になりました。

本日は新機能ほやほやの「カスタマイズの方法・使い方」をご紹介したいと思います。

AssistiveTouch カスタマイズの方法

過去に「AssistiveTouch」に関する記事は取り上げてきましたが、改めて1から使い方をご紹介します。

iOS端末の「設定アプリ」を起動。「一般」から「アクセシビリティ」を選び、下の方にある「AssistiveTouch」を選択します。
AssistiveTouch の設定

最上位メニューをカスタマイズ…を選び、必要な項目を追加・削除します。追加項目の中に「スクリーンショット」もあるので追加します。(どのタイミングでも良いので1番上のAssistiveTouchをONにする)
AssistiveTouchのカスタマイズ方法

AssistiveTouch には元々スクリーンショットというメニューはありましたが、今回のカスタマイズにより1階層目から使えるようになりました。
AssistiveTouch をカスタマイズした後の形

あとはブラウザやiPhoneの画面などスクリーンショットを撮影したくなった時に「AssistiveTouch」を押すだけですぐにスクリーンショットを撮ることができます。

画面上に現れる黒い疑似ホームボタンをタップすると…
AssistiveTouch 使い方

先ほど作成したAssistiveTouchのメニューが表示されます。あとはメニューをタップするだけでその操作が行われます。
AssistiveTouch カスタマイズメニュー

・手が小さくて大きいサイズのiPhoneになってスクリーンショットを撮り辛く感じていた人

・iPadでスクリーンショットを撮りたい人

・大きいサイズのiPhoneに慣れていない人

困っていた方は試してみてください。

外出先でスクリーンショットの音が出ないように「スリープボタン + ホームボタン + スピーカーを塞ぐ」操作をしていた方も今後はスピーカーを塞ぐ操作だけで済むので少し楽になると思います。

使いたい時に使えば良い

毎回無理に使う必要はありません。

AssistiveTouch でスクリーンショット(その他の機能)を使いたい時にAssistiveTouch を呼び出してください。

ホームボタンをトリプルタップで表示・非表示ができます。(ショートカットにAssistiveTouchを設定している場合)

* ショートカットの設定は設定アプリ「一般」→「アクセシビリティ」のページ1番下

さいごに

iOS9のリリースが決まり、詳細を読み1番最初に気になった今回の新機能。

ややマニアックな機能かもしれませんが、使いにくく感じていた部分を補えるものとして便利な人には便利な機能です。

ご興味のある方はぜひ試してみてください。おしまい。

[Å] 指紋認証対応!iPhoneのホームボタンを押しやすくするホームボタンシール「iFinger」がかなり快適!!

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X(するぷろ X)」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

slproImg_201509171009560.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼