[Å] お願いランキング 文具のプロがオススメする最新筆記用具まとめ 15選

文具が面白い!すぐに誘惑を受けるあかめ(@mk_mizuho)です。お願いランキングを見ていて、楽しい文具、知らない文具が盛りだくさんで驚きました。気になった文具を忘れたくなかったので紹介されていた「最新筆記用具」をまとめてみました。文具楽しい。

文具の魅力

お願いランキング 文具のプロがオススメする筆記用具部門をまとめてみました。ランキングは下に行くほど上位になっております。知らない筆記用具がたくさん。知って得するものがたくさん。お値段がお手軽なのも嬉しいです。さてと筆記用具のご紹介。

ノーブル

→一般的なノートと差別化を図り高級感を全面に出したノート。

ラチェッタ ハンディ鉛筆削り

→本体を左右に回すだけで削れる。太さも2種類選べる。削るのに負担がかからないのがポイント。

キャンパスノート(ドット入り罫線)

→ノートに細かいドットが入っている。表を書いたり、文字の開始を揃えたりするのに最適。長年愛されいる理由の1つは丈夫さ。ノート1枚でペットボトルを10本を持ち上げられる。

ケズリキャップ

→ハンコで有名なシャチハタが出している鉛筆削り。ペットボトルにくっつけることで削りカスをペットボトルに貯められる。

筆ボール

→オートが出している。書き味がポイント。滑らか。

ハンディラインS

→ふたをなくした蛍光ペン。ペン先をノックで収納可能。片手で扱える。

エナージェルユーロ

→インクの乾きが早い。紙への浸透を高めることで実現。左利きの人だと書いた文字が滲まなくて済むのポイント。

伊葉NOTE・BOOK

→普通のノートと違い形がいびつ。開くと扇型になる。人間の肩の動きに沿って書ける。ノートを斜めにして書いている人がいるのは腕が円を書くように動く仕組みになっているため。それを意識した作りなので書きやすくなっている。

鉛筆シャープ

→芯が1.3mmと太め。

裏から見えない修正テープ

→2011年発売され年間180万個を販売。今までは文字は消せても裏から見えていた。この修正テープならば紙の裏から透けない。その理由はテープに特殊な文字を入れ3層構造にしている。

大人の鉛筆 芯削りセット

→六角形の形をしたシャーペン。芯の太さが鉛筆と同じぐらき。そのため折れににくく書きやすい。

NUboard A4判

→書けて消せるノート。ホワイトボードのような感じ。書いた文字が消えないようにフィルムも付いている。打ち合わせや落書き帳、筆談用、フォーメーションシートなどで使える。書いては消しての繰り返しが出来るノートです。

ペンケース NEO CRITZ

→ストレスなくペンを探せる。ペンケースが立ち、オープンな形になるのが特徴。

筆タッチサインペン

→宇宙でもインク漏れがしない。筆先を従来よりも書きやすくした。

テキストサーファーゲル

→ドイツ生まれの蛍光ペン。業界初の先端が形も太さも異なる、蛍光塗料を固形にしたペン。口紅のように飛び出る。キャップを外したままでも、2、3日大丈夫。書き心地がクレヨンのようでとにかく書き心地がが良い。蛍光ペンとして使える。

おまけ

グラフィックライナー

→ペン先がとにかく細い

ミニモシャープ

→小さく細い。名刺入れとほぼ同じサイズ

美文字筆ペン

→業界初のグリップがついた筆ペン

さいごに

お願いランキングを見ていてとても興味深い筆記用具が紹介されていたのでまとめてみました。本当に最近は面白い・知らない文房具ってたくさんあるんだなと思いました。便利な筆記用具がたくさん。実用的なものが便利になっていくのは嬉しいことです。面白い商品を見つけたら買ってみようと思います。以上、筆記用具のご紹介でした。今後とあかめ(@mk_mizuho)をよろしくお願いします。

Twitter公式アカウント

当ブログ、公式アカウントあかめも(@akamemoblog)を作成しました。ブログの更新情報だけが流れてくるアカウントです。ご興味がある方はフォローお願いします。

ブログ更新に使用したアプリ

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
価格: ¥450
*価格は掲載時当時

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

1363433752.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼