[Å] バンガローでBBQ!女性も喜ぶ山梨県「ウエストリバーオートキャンプ場」

山梨県「ウエストリバーオートキャンプ場」

山梨県にある「ウエストリバーオートキャンプ場」でキャンプをしてきました。

女性にも嬉しい清潔感のある環境のキャンプ場はキャンプ初心者でも心底楽しめる時間を過ごすことができました。

手荷物少なく大自然の中で気軽に初めてキャンプをしたいという人におすすめのキャンプ場でした。

キャンプ場選びのポイント!

キャンプ場を探す際に20件ほどネットで候補を見つけましたがこちらのキャンプ場を選んだのにはいつかのポイントがありました。

・バンガローやコテージで宿泊ができること(テント宿泊も可能)

・BBQを宿泊先の側でできること

・必要なものをレンタルできること

・露天風呂があること

・1番清掃に力を入れているトイレがあること

・キャンプ場で釣り(川遊び)を楽しめること

BBQの道具は持っていないのでレンタルができること、持ち込み食材を使えることは必須の条件。

露天風呂を利用できること、トイレは1番清掃に力を入れているという表記に惹かれて選びました。

公式サイト:山梨県 ウエストリバーオートキャンプ場HP

ウエストリバーオートキャンプ場が物凄く良かった!

ウエストリバーオートキャンプ場の受付外観
ウエストリバーオートキャンプ場 受付外観

ウエストリバーオートキャンプ場の受付
ウエストリバーオートキャンプ場 受付

バンガローやコテージの目の前には川遊びや餌釣り、ルアー釣りの出来る川が流れています。
バンガローの前に流れる川

バンガロー前の川

釣りが大好きなのでもちろん到着後すぐにニジマス釣りをしました。区画された川で釣り開始の時間になると新鮮な魚を放流してくださいます。

川を区画しているだけなので隣の区画に魚が泳いでいくことは十分可能性としてあります。反対に放流した魚以外もいることがあるので結局釣りの腕次第です。

バンガロー前を流れる川の雰囲気撮ってみました。

実際に宿泊したバンガロー

宿泊するバンガローは目の前が川で隣には隣の組が宿泊するバンガローが並んでいます。
バンガロー

バンガローの位置は特に指定しませんでした。何度も利用したことのある人は予約時の備考欄に記載すればもしかしたら配慮していただけるかもしれません。
バンガローC

バンガローには車を横付けができ、宿泊バンガローのエリアにはBBQ用のカマドと水道が備え付けられていました。
かまどや水道

バンガローの中はこんな感じです。電源や電球、寝具も用意されているので中では不自由なく過ごすことができました。
バンガロー内の様子

バンガロー内の様子

BBQをしてみた!

BBQのレンタル品は借りることができます。持ち込みももちろん可能です。

私はまな板・包丁・ボール・ざる・食用トング・炭用トングをレンタル。炭と網を購入しました。炭と網は事前に購入して来れる人は買っていった方が安く抑えられるので来る前に購入がおすすめです。

バンガローの側には移動させて良いテーブルと椅子があり、その近くにカマドがある状態です。(写真に写っている白いブロックのようなものがバンガローの屋根)
バンガローそばのテーブルと椅子

カマドに炭や着火剤を入れて火を越し。道具をレンタルできるもののこの辺りは自分たちで火を越しをしなければならないのでサバイバル感を楽しめます。
かまどの火

スーパーで買ってきた野菜やお肉、家でつけてきたチキンなどを調理して直火でBBQ開始!
食材

焼きとうもろこしや作ってきたおにぎりを焼いてみたり、アヒージョ、焼き野菜、焼き肉など好きなものをガンガン焼いて野外で食べるBBQ楽しすぎ。
焼きとうもろこしやおにぎり、アヒージョ、焼き野菜や焼き肉を直火

直火でBBQ

バンガローの目の前で流れている川では有料でニジマスやイワナを釣って持ち帰ることができます。

釣竿なども全てレンタル、釣れなかった場合も最低保障で3匹はいただけます。釣った魚を当日いただきました。

6匹の魚は鱗を取り、壺抜きをして中を取り除き、直火で食べました。
ニジマスの壺抜き

ニジマスの直火

川魚は臭みが少しあり苦手なことが多い私ですが、釣りたて新鮮な魚は臭みが全くなく骨と身もスルッと取れる食べやすい魚になっていました。川の幸に感謝。

バンガローから見たキャンプ場の様子。だんだんと空が暗くなり雰囲気が出てきました。
バンガローからのキャンプ場の景色

BBQをする場所はテーブルの上に強めのライトがあるので焼いている時も手元が真っ暗でできないということはありません。特にランタンなども必要ありませんでした。

ウエストリバーのココが良かった!

ウエストリバーオートキャンプ場を実際に利用して良かったことを挙げてみたいと思います。

・予約時、予約後のスタッフさんの丁寧な対応
予約段階で不明点を電話やメールでお伺いしたところ非常に丁寧なご回答で助かりました。メールも1日以内に返信がありました。

予約して数日後にはキャンプ場に関する注意事項などが記載されている紙が封筒で送られてきたのも仕組みがしっかりしている様子が伺えました。

・少し厳しいルールの設定
PM9時以降は大声や騒ぐのは禁止というルールがあるため、周りの声や音を気にすることなく静かにのんびりと過ごすことができました。

目の前に流れている川のせせらぎの音を聞きながら疲れてPM10時前に就寝。

・ゆったりとつかれる露天風呂とアメニティ
シャンプーやリンス、ボディソープも質の良いものが用意されていました。リンスインシャンプーなどで髪がガシガシになるものではなく十分使えるものでした。

・清掃に力を入れている綺麗なトイレ
キャンプ場やBBQ場のトイレはあまり綺麗なイメージがありませんが1番清掃に力を入れていると謳っているだけあり物凄く綺麗でした。入り口で靴を脱ぎ、電気はオート。虫の死骸なども一切なく気持ちよく利用できました。

・虫が入ってこない居心地の良いバンガロー
木でできたバンガロー。隙間から小さな虫が入ってきてもおかしくないのに全然虫がいない不思議。自分で入れてしまった蛾や大きめの蚊以外バンガロー内にはいませんでした。

電気や電源なども備え付けだったのも良かったです。スマートフォンの充電もできました。

・決められた時間にゴミの回収
BBQで出たゴミの回収も決められた時間に回収してくださいます。

生ゴミと燃えるゴミ、ビン缶に分別して回収。生ゴミは無料。燃えるゴミは専用のゴミ袋を有料(確か200円)で購入、ビン缶は1つ100円で回収。

匂いのするものを持ち帰る必要がありません。生ゴミ用の袋は特にいただけないので透明の袋の持参が必要。

大満足な1泊2日を過ごせたキャンプ場

利用してわかりましたが清潔感を保ちながら過ごせるキャンプ場は多くの女性客に愛されること間違いありません。

何から何までキャンプ場側にされてしまうと自分たちでやっている感がなくなり楽しさが半減してしまいますが、必要最低限のものが用意され他は全て自分たちでするのが良かったです。

スタッフさんの数も十分で困った時にはすぐに質問をできる環境ややや厳しめのルールが快適さを作り出しているのではないかなと思いました。

反対に大人数で夜通し騒ぎたいという人には不向きかもしれません。家族や少人数、カップルで過ごすのには本当に良い場所だと思いました。

ぜひ参考にしてみてください。料金以上に楽しいサバイバルな時間を過ごせて楽しかったです。おしまい。

※ ちなみに利用料金は時期により異なります。公式サイトに記載あり。

参考までに今回の料金は…
施設料1,500円/1人 サイト料13,500円/全員 その他レンタル代など

この記事はiPhoneアプリ「SLPRO X(するぷろ X)」から更新しました!

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼