[Å] するぷろのカスタムフィールドが突然動かなくなった時に覚えておきたいこと!

こんにちは、あかめ(@mk_mizuho)です。先日するぷろがアップデートしてカスタムフィールドが使えるようになった。これは最高に嬉しい!!って、思ったら気づいた。カスタムフィールドは使えるようになったけど、内容が反映してなかった。数日間全然気づかなかった!これからWordPressアップデートの時は気をつけよ。

カスタムフィールド動かない

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
価格: ¥350(1.6 MB)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
*価格は掲載時当時


するぷろでカスタムフィールドを設定して、All in One SEOを動かせるようにした。

カスタムフィールドも表示されるし、完璧だと思ってた。ただ気づいてしまった。久々にMacを起動したらAll in One SEOのところに内容が反映されてなかった。

するぷろで入力したのに…なんで。そう、これには1つの理由があった。

WordPressアップデート

カスタムフィールドを外部からも使えるようにするためにはmeta.phpを弄る必要がある。これはMarsEditでAll in One SEOを使う時と同じ。

ただし、この設定はWordPressをアップデートすると上書きされる。完全に忘れた。

アップデート後にすること

上書きされた内容を元に戻す必要がある。つまりカスタムフィールドを外部から使えるようにする設定をやり直すということ。

自分のWP環境/wp-includes/meta.phpにある「meta.php」を修正する。

「meta.php」内にこのようなソースが入っている▼

function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    $protected = (  '_' == $meta_key[0] );

    return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

これをこっちに置き換える▼

function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {

   $protected = (( '_' == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, "_aioseop") !== 0));

return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

これで再度アップロードしておしまい。不安な方はバックアップを取ってお試しください。

まとめ

WordPressのアップデートをするとmeta.phpに設定していた内容が上書きされる。つまり、カスタムフィールドが外部から使えない状態になる。その設定を元に戻しただけ。

ちなみに今回の設定はするぷろだけでなくMarsEditやiPhoneアプリPosterでAll in One SEOを使っている人にも該当。もしアップデートをして、突然カスタムフィールドが動かなくなったという方はぜひmeta.phpを確認してみてください。ついうっかり忘れてしまうこともあります私みたいに。

解決のヒントをくれたりょーちゃん(@saita_ryouhei)に感謝!!無事にカスタムフィールド使えるようになりした。ぜひ困った際はお試しください。ではではーあかめ(@mk_mizuho)をよろしくお願いします。

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
価格: ¥350(1.6 MB)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
*価格は掲載時当時


Poster – a WordPress blog editor
価格: ¥250(3.7 MB)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
*価格は掲載時当時


■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

1361204171.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼