[Å] ソラマチの「たまひで いちの」で老舗の親子丼を堪能!たまごがトロッとふわっと美味しすぎ

ソラマチ7階にある老舗玉ひでの姉妹店「たまひで いちの」でずっと食べたかった親子丼を食べてきました!

たまひで いちのの親子丼は人形町にある創業約250年の軍鶏料理店「玉ひで」の8代目・山田耕之亮さんと娘のいちのさんが共同で作り上げたものになります。

お店はカウンター席のみで、高級料亭の佇まいを感じました。トロッとした絶品親子丼を本日はご紹介。

玉ひでの いちの について

ソラマチの7階にあるたまひで いちの。粋 親子丼(1,500円)をランチで食べてきました。お会計は先払い制で入り口で注文をしてから席に案内されます。

席はカウンター席のみと親子丼専門店としては珍しいスタイル。カウンターの前は高さを低くした畳の通路があります。そこから丁寧な接客を受けられるたまひで いちのです。

たまひで いちの 店舗詳細情報

名称 たまひで いちの
住所 東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 7F
営業時間 (土日祝日は10:30から)
電話 03-5809-7228
サイト http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/315/

粋 親子丼を注文!

注文した粋 親子丼。親子丼の入った丼は2段になり、上の段にはお新香が入っています。

親子丼の蓋を開けると、ようやくご対面!蓋を開けて親子丼のトロトロを目にするまでの瞬間、蓋を開けている時ってなんであんなにワクワクするんでしょうね。

期待通りのたまごのトロッとした半熟具合。さらに溶き卵でトロッとした部分、私の好きなふわっとした柔らかさがありつつもしっかり優しい歯ごたえを楽しめる厚みがあり本当最高。

鶏の臭みも全然なくたっぷり入ったご飯もモリモリ進みます。(1,400円の小サイズもあり)

鶏肉を包み込むトロッふわったまご。味の濃さも食べ続けても気にならないちょうど良さで、まさに鶏肉・たまご・割り下の三位一体親子丼!

セットの鶏スープも鶏の旨味がかなり美味しく、鶏尽くしなランチを楽しめました。

さいごに

こちらのお店は何度か行こうと試みたものの行くたびに混雑をしていて入れず、ようやく入ることができました。人形町に行く機会は少ないですが、本店の方にも行きたくなりました。

ボリュームのある親子丼を食べたい方は要チェック!満足度のあるランチを済ますことができました。

ごちそうさまです!

4.0

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼