[Å] かもめの玉子にこんな種類が!チョコレート・りんご・いちごの3種を食べくらべしてみた!

かもめの玉子 りんご・チョコ・いちごの比較

先日、岩手県盛岡市にお邪魔した際にたまたま盛岡駅で見つけてしまった「かもめの玉子」!

今やノーマルタイプのかもめの玉子は定番のお土産の1つとなっていますが、実は他にもかもめの玉子って味があるのをご存知でしたか?

りんごにいちごにチョコレート。どの味も初めての味。早速1つずつご紹介したいと思います。ちなみに1位のお気に入りは…!?

かもめの玉子 3種類

買ってきたお土産はりんご、いちご、チョコレートの3種類のかもめの玉子。
かもめの玉子 比較

入っている個数はいちごが9個入り、りんごとチョコレートは6個入りでした。
かもめの玉子 開けてみた

実はこれとは別に「高級かもめの玉子」というものもあるのですが、これは以前食べて結構お値段がするので今回は買ってません。笑

かもめの玉子 食べ比べ

エントリーNo.1 りんごのかもめの玉子

りんごのかもめの玉子
トップバッターは「りんごのかもめの玉子」です。こちらのかもめの玉子にはりんごを刻んだものが入っているため日持ちがあまりしないという欠点があり早めに食べる必要があります。

私が購入したものは大体1週間ぐらいが賞味期限でした。あまりの美味しさにそんなことは忘れて即日食べきりました。
りんごのかもめの玉子 中身

りんごの味をしっかりと感じられるかもめの玉子。ノーマルタイプのかもめの玉子と比較するとりんごを使用している分、酸味が加わり少し甘さ控えめに感じました。

中に入った刻んだりんごが食べているときにアクセントになり、ノーマル玉子では味わえない食感を楽しむことができました。これ美味しすぎ。

エントリーNo.2 チョコレートのかもめの玉子

かもめのチョコらん
見ての通りノーマルかもめの玉子と違い表面はチョコレートでがっつりコーティングされています。まるでとある観光名所の黒玉子みた…笑

チョコらん

実際に中はどうなっているのかというと…中までがっつりチョコレート!チョコ好きにはたまらない玉子ですこれ。
チョコらんの中身

ノーマル玉子と比較すると倍ぐらいの甘さを誇る甘党好きには嬉しい1品。チョコを思う存分に味わえます。1つ食べるだけでも私は結構お腹にたまりました。今回の中で甘さNo.1です!

エントリーNo.3 いちごのかもめの玉子

いちごのかもめの玉子
こちらのかもめの玉子も今回が初食。いちご味は春限定らしいのでもし出会えたらラッキーです!

袋を上手く開けられず急遽お皿に乗せてご紹介です。
いちごのかもめの玉子

ほんのりピンクのチョコで覆われた玉子の中には、いちごの餡といちごのソースが入ってました。
いちごのかもめの玉子の中身

ノーマルかもめの玉子に近い味の印象がありつつ、いちごの味をハッキリと感じられるかもめの玉子。

口の中でのいちご餡の主張が凄く良く、美味しくいただくことができました。甘すぎないのが私の嗜好に合っていました!

勝手にランキング!

今回はりんご・チョコ・いちごの3種類のかもめの玉子をまとめ買いして食べてみました。

普段食べている定番のかもめの玉子とは味が全然違い、どれもお土産として買って良かった大満足スイーツです。

その中でも特に私が美味しかったのは…

りんご!定番のかもめの玉子にはないサッパリとした感じが斬新でその中にもいつものかもめの玉子の甘さもありバランスが最高でした。

ちなみに2番目はいちご、その次がチョコレートのかもめの玉子です。どれも美味しくいただけるのですが、ポイントは甘さの具合かなと。

反対に甘いのが大好きという方はチョコレートがNo.1になるかもしれません。どのかもめの玉子もあまり見かけないと思うので、もし旅先で見つけたらお土産にぜひ買ってみてください。

さいごに

岩手駅のお土産売り場を歩いていたら偶然出会ったかもめの玉子。かもめの玉子にこんなに種類があるとは知りませんでした。

以前食べた高級かもめの玉子1つ350円ぐらいしましたからね。笑 パッケージから高級感溢れ、中には栗が入り値段相応に美味しかった記憶があります。

安心安定の定番かもめの玉子以外も普通にお土産と喜ばれそうな美味しい味でした。

ぜひ見かけたらチェックしてみてください!ごちそうさまでした!!!

この記事はiPhoneアプリ「するぷろ X」から更新しました。

■ 同じカテゴリについてもっと読む

ブログ運営者をフォローする!

\ この情報を周りの人にも教える /

thumbnail.jpg
プロフィールあかめの画像
あかめAkame Mizuho
横浜在住。フリーランス。
食べ歩き / 旅行 / カメラ / WEBデザイン 好き。

プロフィール / お問い合わせ

個人アカウント(メイン)▼

ブログ公式アカウント▼